ふなみブログ

2016.02.25

三沢の春ももうすぐ。

本日、ふと足元を見ると福寿草が咲いておりました。
福寿草は、春を告げる花の代表であり、
そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持ち、
福寿草という和名もまた新春を祝う意味があるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そこで『福寿草金斗』を作りました。
風味の良い、北海道産小豆で炊いた「粒あん」を内に、
白あんがベースの「金斗あん」を箸でつけています。

福寿草